特許権等の移転について

こんにちはきさらぎです。

昨日と今日は司法試験予備試験の論文試験の試験日です。

あこがれはしますがここへの一歩はなかなか踏み出せません笑

 

さて本日は特許権等の移転について

特許権の移転において

放火異常(放下移上)

という有名な語呂があります。

 

(上)特許権>専用実施権>通常実施権(下)

 

(1)特許権者が特許権を放棄するときは専用実施権者と通常実施権者の承諾が必要です。

放(棄)は下の許可が必要ということですね。

一方で特許権者が特許権を移転するときは専用実施権者と通常実施権者の承諾は不要です。

移(転)上だからです。

 

f:id:kisaragiA:20180716122558j:plain

(2専用実施権者が専用実施権を放棄するときは

放(棄)下で下に通常実施権者がいれば通常実施権者の承諾が必要です。

専用実施権者が専用実施権を移転するときは

移(転)上で、上の特許権者の承諾が必要です。

 

(3)通常実施権者が通常実施権を放棄するときは

放(棄)下で下がいないので誰の承諾も必要ありません。

通常実施権者が通常実施権を移転するときは

移(転)上で、上の特許権者(専用実施権者がいるときは専用実施権者も)の承諾が必要です。

 

基本的には特許権が放棄されてしまうと、だれでもその発明を実施できてしまうからその下にいる人たちは不利益を受けます。

しかし移転されても第三者がその発明を実施できる訳ではないので不利益はないからです。

通常実施権が放棄されても、特許権者はその発明をできる人が1人減っただけで特に不利益はありません。

しかし移転されてしまうといかのような不利益があります。

例えば、特許権者が小さな会社でやっとの思いで大きな発明をし下請け会社に通常実施権を許諾し、その通常実施権者(下請け会社)が通常実施権を特許権者よりも1000倍くらい大きな会社に移転してしまった場合。

特許権者がその発明に係る製品を販売するよりも

その大きな会社がその発明に係る製品を販売したほうが価格や技術力的に優れる可能性は高く特許権は有名無実なものとなってしまいます。

 

そしてもう一点

質権者はどうなるのかが気になります。

f:id:kisaragiA:20180716122753j:plain

 

(上)特許権特許権の質権者>専用実施権>専用実施権の質権者>通常実施権>通常実施権者の質権者(下)

 

つまり特許権者が特許権を放棄するときは下の承諾が必要ですから質権者の承諾が必要です。

 

これは語呂がどうこうというよりは、質権を設定している以上人の権利なので勝手に放棄してしまうと問題だからですね。

一方、特許権がAさんからBさんに移転されても、質権者の質権はBさんとの間で有効ですので問題はありません。

 

弁理士試験 本当の意味での合格率

こんばんは

 

弁理士試験の本当の意味での合格率について

 

平成30年度の論文試験が終わり、受験された方はいったん勉強から解放されて結果を待っている時期ですね。

今年は何人くらいの人が論文を通過するか気になるところだと思います。

 

昨年度 平成29年度においては、229人が論文試験に合格しています。

 

ところで弁理士試験にはいくつかの免除制度があります。

選択科目免除は、最もポピュラーな免除制度で、

修士号を取得していたり、一定の資格を保有していることで受けることができます。

 

短答試験免除もポピュラーです。

短答試験に合格すると2回は短答試験を受けずに論文試験から受験することができます。

短答に合格すると得点の印刷された合格証が送られてきますのでそれのコピーを出願時に提出することで適用されます。

 

ほとんど知られていないのが工権法業所有権法免除です。

特許庁で審判又は審査の事務に5年以上従事した人が対象になります。

短答試験では著作権法不正競争防止法のみを受験し、論文の必須科目の受験はないためほぼ合格します。

平成29年度はこのルートで5名の方が合格しています。

 

また前年度の口述試験で落ちてしまった人で、短答免除が残っている場合は筆記試験免除になります。

口述試験の合格率が98.4%であったことから出願した時点で合格がほぼ確定していた人達ということができると思います。

平成29年度は21名の方が合格しています。

 

するとこれらの受験生を差し引くと

一般ルートの合格者数は

合格者255名ー5名ー21名=229名

 

一般ルートの志願者数は

志願者数4352名ー工業所有権法免除者17名-筆記試験免除者21名=4314名

志願者ベースの合格率は229名÷4314名×100

5.3%(差し引きなしの合格率 5.9%)

 

一般ルートの受験者数は

受験者数3923名ー工業所有権法免除者17名-筆記試験免除者21名=3885名

志願者ベースの合格率は229名÷3885名

5.9%(差し引きなしの合格率 6.5%)

 

となります。

 

弁理士試験を受けるきっかけ

こんばんはきさらぎです。

 

弁理士試験を受けるきっかけは何でしょう?

 

それは人それぞれだと思います。

私の体感では弁理士試験を受験をしている人は以下のような人が多いです。

 

1、特許(法律)事務所に勤務しており、業務で必要だから

 このきっかけが最も多いと思います。

2、企業の知財部に所属しており、知財の理解を深めたいから

 意外にも多いと思います。大抵の人は会社に受けなさいと言われた訳ではなく自主的に受けています。

3、企業の開発部に所属しており、知財に興味があるから

 こちらはそれほど多くはないのですがゼミに1人はいるって感じです。

4、まったく違う分野(研究機関、製造技術など)にいて、特許事務所への転職を考えているから

 テレビなどで目にする限り研究機関は成果を出し続けないと安定しない大変な世界のようです。手に職をつけて再就職するために受験をしています。

 

 私は3番でした。

 なぜ受験しようとを考えたか?

 

 ある程度初期的な研究をする開発部にいると、研究成果(製品)が世に出るのは5年~10年後。途中で打ち切りなんてこともよくあります。

 その間は、目に見える成果ってあまりないんです。

 すごく良い技術や解決方法を見つけても、それって形のあるものではないし、誰がそれを開発したかなんて誰も気にしないし、上司がどう判断するかによって評価されない場合も結構あります。

 自分は会社に貢献しているのだろうかなどと考えてしまいます。 

 しかしわれわれ開発部員はこの間に特許出願をこつこつしていきます。

 特許の知識があれば、この間の期間も有意義に過ごせるのではないかと考えました。

 自分が開発したものが新しいものなのか?将来に備えてどんな権利を取得しておけばよいのか?そのためにはどんな実験をしておけばよいのか?

 実際この点においては、弁理士試験の勉強をしてよかったなと思います。

 

2、勉強の始め方

 私のように開発の仕事をしながら、なんとなく弁理士試験に興味がある人は多いと思います。

 しかし受験に踏み切る人は、ほんの一握りだと思います。

 弁理士試験は理系の最高峰の資格と言われていますし、本当に自分で受かるのかという不安もありました。

 また合格者の平均受験回数は4回以上(平成29年度4.17回)、最初の年は受験しないとすると5年以上勉強することになる。さらには知財業界にいない自分はもう少しかかるのではないかとネガティブな考え方が先行したからです。

 

 そこで当時の私は、最初は独学で無理なく勉強して短答に合格できたら、きちんと受験期間に入って勉強をしようと決めました。(3回の短答免除があってこその計画でした) 無理なく勉強をしてダメならばあきらめようと考えていました。

 そして論文の勉強には一切手を出さずに、初心者用のテキストと青本と短答の過去問を購入して勉強を開始しました。 

 

 その後運よく合格できたので、本格的に受験機関で論文の勉強をスタートしました。

 今思えば、最初から受験機関に入っていればもっと早く合格できていたと思います。

 しかし迷っていた当時の私はこの方法を思いつかなければ、一生弁理士試験を受験していなかったと思います。

 受験する理由は人それぞれだと思います。

 特許事務所に勤務している人や転職を考えている人はすぐに本格的に勉強をしたほうが良いと思いますが、私のように興味はあるけど、差し迫った理由がなく受験に足を踏み入れられない方はまずは独学で短答合格を目指すのもありかと思います。

 

 

不利益行為について

こんばんは本日は不利益行為について

 

不利益行為は以外にも短答、論文、口述で出題されています。

 

特許法の条文を1条から読んでいくと序盤9条ででてきます。

 

代理人は、特別に「この行為をやってもいいよ」と了解を得なくては、ここで規定される行為をできないことを定めています。

 

第九条 

日本国内に住所又は居所(法人にあつては、営業所)を有する者であつて手続をするものの委任による代理人は、特別の授権を得なければ、

①特許出願の変更、放棄若しくは取下げ、

特許権の存続期間の延長登録の出願の取下げ、

③請求、申請若しくは申立ての取下げ、

④第四十一条第一項の優先権の主張若しくはその取下げ、

⑤第四十六条の二第一項の規定による実用新案登録に基づく特許出願、

⓺出願公開の請求、

⑦拒絶査定不服審判の請求、

特許権の放棄

又は

⑨復代理人の選任

 

をすることができない。

 

これらについては受験生時代から良い語呂が思いつかなかったです。

 

しかし不利益行為と言われるからには、それをやられると問題があるのでそれぞれどんな問題があるかを考えるようにしていました。

f:id:kisaragiA:20180710005002j:plain

 

 

例えば、放棄や取下げは当然勝手にやられると不利益があります。

特許出願の変更や41条第1項の優先権主張は、取下げ擬制がありますので不利益があります。

ポイントとして分割出願は不利益行為ではありません。これは取下げ擬制がないからです。

出願公開の請求も、まだ公開しなくても良い発明を公開される不利益があります。

ここで⑦の拒絶査定不服審判については不利益はないように思えてならなかったのですが、以下のように考えるようにしていました。

例えば出願手続きがメインで拒絶査定不服審判があまり得意でない代理人が勝手に拒絶査定不服審判を請求したら不利益が生じるから

 

 

またちょっと似た条文が14条にあります。


第十四条

二人以上が共同して手続をしたときは、

①特許出願の変更、放棄及び取下げ、

特許権の存続期間の延長登録の出願の取下げ、

③請求、申請又は申立ての取下げ、

④第四十一条第一項の優先権の主張及びその取下げ、

⓺出願公開の請求

並びに

⑦拒絶査定不服審判の請求

 

以外の手続については、各人が全員を代表するものとする。ただし、代表者を定めて特許庁に届け出たときは、この限りでない。

 

列挙されている行為は9条と似ていますが9条の行為から

⑤第四十六条の二第一項の規定による実用新案登録に基づく特許出願、

特許権の放棄

⑨復代理人の選任

 

が差し引かれています。

 

⑤⑧は 権利化後の話ですのでここでは規定されていません。

⑨がないのは、14条は代理人についてではなくて二人以上が共同して手続をしたときの話だからでしょう。

 

 

 

除斥忌避の申立方法の覚え方

こんばんは、きさらぎです。

 

本日は除斥忌避の申立方法の覚え方について

 

参加の申請、除斥忌避の申立

 

上のうち、書面でも口頭でも申請(申立)できるものはどちらでしょう?

 

答えは

 

除斥忌避の申し立てです。

 

特許法 第百四十二条第1項の規定により、

除斥又は忌避の申立をする者は、その原因を記載した書面を特許庁長官に提出しなければならない。ただし、口頭審理においては、口頭をもつてすることができる

とあります。

 

一方で

参加申請は、特許法の第百四十九条によって

参加を申請する者は、参加申請書を審判長に提出しなければならない。

なので口頭で申請をすることはできません。

平成29年弁理士試験 短答式試験の第15問の3でも以下のように問われています。

 

【特許・実用新案】第15問

特許法に規定する審判に関し、次のうち、正しいものは、どれか。

3、特許無効審判への参加の申請は口頭ですることができる。

答え、×

 

私もごっちゃになってしまうことがたびたびありました。

 

高所(恐怖症)のジョッキーと覚えましょう。

 

高所     頭、

ジョッキー  

 

以上

弁理士試験における文字検索の利用

こんばんは本日は弁理士試験における文字検索の利用についてです。

 

私の経験から短答試験では、いろいろな角度から暗記をしておくと良いと思います。

例えば、要件と効果を覚えるのはその一つです。

一方で逆の発想で「〇〇」という単語がどこにでてくるか(いくつでてくるか)という覚え方もあります。

 

例えば

特許法で「疎明」という単語がでてくるのは

105条の4 第1項柱書

142条 第2項

2つだけです。

これ以外の場面で疎明がでてきたら、✖として処理するのです。

 

この方法は期間を覚えるのに特に有効です。

特許法で「3日」という期間が出てくるのは142条 第2項の除斥又は忌避の原因の疎明するときだけです。

その他の場面で3日がでてきたら✖と処理できるわけです。

 

自分で単語その単語が登場する条文を調べることができるので、なかなか覚えられないときには有効な方法だと思います。

 

調べ方は簡単です。

1、インターネットで条文がテキスト形式で表示できるページを検索します。

e-Gov法令検索

がヒットするかと思います

 

2、ページ内でコントロール+Fを押すと文字検索ができます。

ここで調べたい単語を入力してその単語が登場する条文を調べていきます。

 

3、これらを覚えます。

 

登場する場面が少ない単語ほど、有効です。

1~5個くらいがベストだと思います。

 

 

 

 

 

弁理士試験の予備校選びについて

昨日は平成30年度 弁理士試験の論文試験でした。

 

一応私も問題を見たのですが、このブログにどうこう書くつもりはありません。

なぜなら、予備校が解答と解説を出しているため、そっちを見たほうがいいに決まっているからです。

 

予備校のサイトや予備校講師のブログなどでは、信頼性が高く、有益な情報が集まっています。しかし立場的に記載できない記事がどうしても出てきます。

商売が絡んでいるので、弁理士試験のネガティブな情報や他の予備校の宣伝になるようなことは書けませんからね。

公式な解説や商売気がある部分は予備校に任せて、このブログでは予備校や予備校講師では取り扱えない内容についてフラットな立場から書いていけたらいいなと思っています。

 

ということで本日は弁理士試験の予備校選びについて

 

弁理士試験講座がある予備校は以下の通り

1、LEC

・良いところ

法律系の予備校である。

弁理士試験ではもっとも実績がある。

テキストが洗練されている。

有名でパワフルな先生が多い。

模試は受けている人数が多いので順位に信憑性がある。

 

・良くないところ

若干費用が高い。

論文の添削において添削者によるバラつきがある。

校舎に休憩スペース等が少ない。

 

2、TAC

・良いところ

自習室が使いやすい。

奨学生制度がある。

費用が安い。

講座の音声ダウンロードなどかゆいところに手が届く。

校舎がきれいで休憩スペースがある。

 

・良くないところ

実績がLECに劣る。

テキストや配布物に誤字脱字が多い。

インパクトのある先生が少ない。

 

3、代々木塾

通ったことがないのでわかりません。

弁理士専門の予備校です。

 

これらの他に

インターネットでの講義と破格の安さが特徴の資格スクエア

アガルートアカデミーがあるようですがいずれも私は利用したことがありません。

 

結局どこがいいのか?

私はLECで入門講座を受け、その後LECとTACのいいとこどりをしていました。

LECでは短答答練、TACでは論文答練

という感じでした。

LECは先生が話上手で、授業が楽しかったです。特に入門講座を受けているときは全く知識がない私でもなるほどと思えるような説明だったことを記憶しています。

 

TACは特に自習室が好きでした。

空いている教室を使わせてくれるのですが、大抵1日中使える教室が1、2個あって10時から22時(当時)までこもることができましたから。

 

結局予備校は自分に合った形でうまく利用することが最も効果的だと思います。