弁理士ってどこ?

弁理士試験のテクニック、参考書を紹介するブログです。

論文試験の答案構成について

こんばんはきさらぎです。

 

本日は論文試験の答案構成について受験時代に感じていたことと戦略をご紹介します。

 

弁理士試験でいきなり答案用紙に解答を書く人はいないと思います。

ほとんどの人は、白紙に答案構成をしてから、答案用紙に解答を書きます。

 

これは以下の理由からだと思います。

・時系列を整理して解答するため

・論述の順番を整理してから回答するため

・誤記を減らすため

 

答案構成用紙は、提出しないためどんなに字が汚くても極端なことを言ってしまうと白紙でも解答用紙さえ、きちんと書けていれば合格することができます。

よく答案構成舞台裏解答用紙舞台そのもの といわれます。

つまり、舞台裏がどんなに散らかっていても(汚い字でめちゃくちゃなものでも)、舞台さえ素晴らしければ、客(採点者)は満足してくれます。

一方で弁理士試験では、答案構成の時点で合否は決まっている などという先生もいるくらい答案構成は重要な作業です。

 

私自身、自分の答案構成のやり方が正しいのか不安になって「答案構成はどのように書いたらいいんですか?」と質問したことがあります。

f:id:kisaragiA:20180918235834j:plain

先生の回答は、「自分で分かるように書けばいいんだよ」というものでした。

確かにそうなんです(バカのこと聞いてすいません。。。)。でもやり方を指定してくれたほうがやりやすいんだけどなぁって思っていました。

 

私は論文ゼミに入っていたので、人の答案構成用紙を見せてもらうこともありました。

答案構成のやり方は大きく分けて以下の3パターンです。

①条文番号、論点(キーワード)だけを書くタイプ

 メリット  答案構成に使う時間を短縮できるので時間に余裕ができる。

 デメリット 解答時に頭の中で文章を作る必要があるため、文章作成能力が必要。

       解答時にどのように書くか悩んでしまうとタイムロスしてしまい、

       未完成答案になるリスクがある。

       答案構成終了(解答開始)から解答終了までの時間予想が立ちにくい。

 

②全文書きタイプ

 メリット  解答時には答案構成の内容をほぼ丸写しするので、時間の予想が

       立ちやすい。

       解答の途中でどう論述するかを悩むことがない。

 デメリット 解答とほぼ同じことを答案構成用紙に書くので時間ロスが多い。

 

③主語、条文番号、論点(キーワード)を簡易的につなげるタイプ

 メリット  解答に要する時間の予想も立ちやすく、論述で迷うことも少ない。

 デメリット 全文書きになりがちなので、答案構成で省略できる部分を経験的に

       わかっている必要がある。

 

私は、文章力がなく①は初めから向いていないことが分かっていたので、②から入って徐々に③にしていきました。

つまり答練などで自分はどの程度のメモ(答案構成)があれば解答がスムーズに書けるというところを把握するのです。

 

また、時間を省略するために手続きの省略語を自分で決めていました。

出願は「出」

登録は「ト」

無効審判請求は「ム」

国内優先権は「41」

などと書いていました。

 

また答案構成は時間を省略しつつも、じっくりと検討するようにしていました。

答案構成の段階で、見直しをして見落としや説明が足りない部分がないかを確認しました。解答してからでは取り返しがつかないからです。

時間配分は特実で答案構成30分、解答30分

意匠商標では40分、解答50分くらいでした。

 

自分に合った答案構成方法を見つけて、最高の解答用紙を作成しましょう。

 

カフェで勉強するべきか、家で勉強するべきか?勉強に適したカフェを比較してみた。

こんばんは、きさらぎです。

だいぶ更新できずにいましたが本日、カフェ勉について考えてみました。

 

1、はじめに

試験勉強をしようと思っても家に帰るとついついテレビを見てしまったり、ベッドでダラダラ過ごしてしまうことってありますよね。

f:id:kisaragiA:20180914005629j:plain

私も受験時代はそんな時期がありました。

そんな時は、会社から家に帰る前にカフェに寄って勉強するのもいいかもしれません。

 

私は基本的には家で勉強するタイプでしたが、カフェもかなり利用しました。

 

 

2、カフェ勉のメリットデメリット

メリットとしては

・誘惑を回避できる

・有料自習室のように月額を払うことなく、1回単位でお金を払えばよい

 

デメリットとしては

・家で勉強するよりも費用が掛かる

・日によってはうるさくて集中できない

・勉強道具を持ち歩く必要がある

 

3、カフェ勉をするべきか

家で問題なく集中できるかたは家で勉強するのが一番良いと思います。

でも、家に帰るとだらけてしまう方や、家族がいるとちょっと集中できない方、ルーチンをつくって無理やりに勉強する環境を作りたい方はカフェ勉を取り入れてみるのも良いかと思います。

上記のデメリットを解消すれば、快適に勉強できるはずです。

 

(1)費用対策

カフェですので費用が掛かります。

コーヒー1杯でも月から金まで通うと1か月でもバカにならないほどの金額になります。

そこで主要なチェーン店のコーヒーの価格を調べました。

f:id:kisaragiA:20180914012408j:plain

最も安いのはマックです。

100円でコーヒーが飲めて、さらに勉強もさせていただける。。。

すばらしいです。

ただし、学生やファミリーが多く騒がしいのが難点です。

だがしかし、もともとみんなでわいわい食事する空間ですので、文句は言えませんね。

私もよく利用していました。というか、今でも利用している。

1か月平日毎日利用しても2000円程度のコスパは断トツです。

 

バーガーキングも検討しています。

コーヒー190円、マックの約2倍になってしまいますが喫煙者にとってはタバコが吸えるのがうれしいですね。

マックに比べると、騒がしくないし混んでいない印象です。

アイスコーヒーとかはたまにクーポンがでていて150円くらいまで下がる場合があります。

 

コーヒーショップ系ではベローチェの200円が最安です。

ファミリーはほとんどいなくてビジネスマンが多いのでファーストフードよりも環境が良いかもしれません。

 

ファミレスですとサイゼリアが259円で最安です。

これはコーヒーではなくてドリンクバー単品の価格ですのでかなりお得です。

ファミレスですと机も広くて基本ソファー席なのでゆったり勉強できます。

 

100円から260円くらいの価格帯でしたら平日毎日通っても2000円から5000円程度ですのでありですね。

 

(2)騒音対策

以前にご紹介した耳栓で対応可能でしょう。

kisaragia.hatenablog.com

 

 

この耳栓は人の声を遮断するのは苦手なのですが、よほどうるさくなければ集中できると思います。

 

(3)勉強道具持ち歩きの問題

短答試験でしたら条文だけ持ち歩いてあとは電子化した短答過去問を使用して勉強できると思います。

kisaragia.hatenablog.com

kisaragia.hatenablog.com

 

実際私も電子化してタブレットに入れてカフェで勉強していました。

もちろん勉強道具を持ち歩くのが苦でない方は、本で勉強すればよいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番外編 弁理士試験に役に立ったアイテム

こんばんはきさらぎです。

 

先日は論文試験に必要な書籍をご紹介しました。

 

kisaragia.hatenablog.com

kisaragia.hatenablog.com

 

 

本日は番外編として、試験に役に立ったアイテムについてご紹介したいと思います。

これまでも耳栓やボールペンをご紹介しました。

kisaragia.hatenablog.com

kisaragia.hatenablog.com

がまだありました。

 

1、ペグシル

 

 これは競馬場マークシートを塗りつぶすための鉛筆です。

短答試験では、マークシートを塗りつぶすのに使えますし、論文試験では貸与条文に挟むことができます。

とくに論文試験では、解答するのに参照したいページに何かしおりのようなものを挟みたいと思うことが多いと思います。

しかし紙ちぎって挟むことは禁止されていますし、ペンを挟むとしても何か所にも入れることは困難です。

一応定規は持ち込みが許されているようですがいくつも持っているのはちょっと怪しいです。

ペグシルは一応ペンなので持ち込みが可能ですし、クリップがあるので挟みやすいです。また平べったいのでいくつも挟むことができます。

 

2、芯が0.3mmのシャーペン

 

 

私は 論文の答案構成はシャーペンで書いていました。

消しゴムで消すことができるからです。

また答案に書くことを構成用紙(A4)の用紙内に全て書き出して一覧性を確保したかったため小さく書くペンを探していました。

上記のシャープペンシル0.3mmの芯ですので、かなり細かく文字が書けてお気に入りでした。

短答試験で4法対照条文に書く込みするときも使えます。

 

3、電波腕時計

 

 論文試験ではタイムマネージメントが大変重要になってきます。

なので時計は必須です。

置時計を使用している人もいますが机の上にものを置くとスペースをとられてしまうので腕時計の方が良いでしょう。

さらに電波時計だと余計なメンテナンスなしで常に正確な時刻を刻んでくれます。

上記の時計は、電波時計でデジタル表示なので重宝しました。

Gショックなので強いですし、なんといっても他のGショックと違って樹脂バンドではなく金属バンドですので夏場でも快適です。

 

 4、無地のA4ノート

 

 

 

慣れてくると論文の勉強をするときはいちいち全文書きをしないで

答案構成のみすることになってくると思います。

全文が書きをしすぎると手を痛める可能性がありますし、全文書き答案はある程度専門知識を持っている人が添削しないとあまり意味がないので答案作成時間がもったいないです。

答案構成にはA4の無地のノートを使用しましょう。

なぜなら本試で使用できるのがA4の無地の紙だからです。

それではA4のコピー紙でもいいのでは?という意見もあるかと思いますがノートの方が圧倒的に良いです。

 紙だと部屋が散らかるし、あとで見返したりするためにもノートの方がよいのです。

 

 

論文試験合格に必要な書籍 パート2

こんばんは、きさらぎです。

 

 

前回は論文試験合格に必要な書籍をご紹介しました。

kisaragia.hatenablog.com

 

本日は続きをご紹介したいと思います。

ここからは必須ではないけど持っていた方が良いもしくは人によって必要と思われる書籍を紹介します。

 

 1、特許法等の一部改正 産業財産権の解説

 

いわゆる改正本というやつです。

改正本とは、特許法などが改正されると出版される本で、従来の法律の問題点とどのような趣旨で改正がなされたのかを解説している本です。

書籍としても売っていますが、特許庁のホームページにも公開されていますので、どうしても買いたくない人はWEBで見ても良いと思います。

過去に改正された部分はほとんど青本に反映されていますので、青本がでた後のものをチェックすればよいと思います。

現在最新の青本20版は平成29年3月にでていまして、その後改正がないので、運よく改正本を使用する必要がないことになります。しかし今後改正がなされて改正本がでた場合は、その部分は青本に記載されていないので改正本で勉強する必要があります。
また、改正本の方が青本よりも詳しく説明されていますので理解を深めるために購入しても良いと思います。
 
2、論文マニュアル
 
 
 前回説明したように、論文で問われる重要な論点は予備校の論文講座を受講して予備校のテキスト(レジュメに近いもの)を使用すると効率的です。
 
しかしどうしても予備校の講座を受講したくない方はこちらがおすすめです。
おすすめというか市販で買える本で法改正にある程度対応しているレジュメっぽい本がこれくらいしかないと思います。
私も独学時代に使っていました。
1行問題に対して めちゃめちゃ長い解答が書いてあります。
このまま試験にでることはないと思いますが、この論点を聞かれたらこの説明をするのだなとか、この条文の説明をするだなというところが勉強になりました。
 
 
3、答案作成方法の本
 
 
 
 
 
 
 知識があっても法律答案の書き方がなっていないと説明が稚拙で得点につながらないこともあります。逆に大したことを書いてなくても論述の仕方が立派であればぎりぎりあし切りにならない場合もあります。
弁理士試験において法学部出身の受験生の合格が早いのもこういったテクニックを最初からもっているからかもしれません。
理系受験者は法律答案の書き方を勉強しておくことをお勧めします。
ただ弁理士試験の論文の書き方を解説してくれる書籍はありません。
上記の書籍は、司法試験用のものですが法律答案という点では共通しており、勉強になりました。
個人的には合格論文機械的作成法がとてもためになりました。ちょっと古い本なのですが論文を書く上で重要なポイントが格言のようにあげられており説明されています。
例えば、「結論に対しては、いちいち法律で根拠を示さなければならない。」
という記載があります。
この記載から根拠条文を挙げることの重要性が理解できましたし
最初に条文で対処できるかを考えて、対処できない場合に初めて論点を考えることについても納得しました。
 
 

論文試験合格に必要な書籍

こんばんはきさらぎです。

 

 

以前に短答試験を独学で突破するために必要な書籍をご紹介しました。

kisaragia.hatenablog.com

 

そこで論文試験についても書籍をご紹介したいと思います。

ひとつ最初に言っておかなくてはなりません。

論文試験の独学での突破はかなり難しいと思ってよいと思います。

すごく論文を書くのが得意な人や、法学部出身の方を除いて答練やゼミに入ることをお勧めします。

なぜなら論文試験は自分で文章を組み立てて解答を作るので、答えは1つではありません。もちろん模範解答はありますので、自分の答案と模範答案を見比べてどこが間違ったのかをチェックすることはできます。

それでもこの作業は受験生には難しいと思います。

答えも模範解答以外にいろいろ書き方がありますし、説が分かれている論点などでは結論が違う場合でもその説明次第では正解になる場合があります。

つまり自分が間違った解答、説明をしていても気が付かないことが多いのです。

答案をチェックするのが得意な人はずばり、予備校の講師です。

予備校講師は何人もの合格者、不合格者を見ています。そしてこれらの人の答案をの違いをわかっています。

こんな人は他にはいません。

ですので予備校講師は、書かなくてはならない部分と書かなくても減点されない部分

をよく知っています。

説明の仕方についても間違いや矛盾があれば、容易に気づくでしょう。よく受験生がまちがえるところって共通していますから。

 

ところで上記の話は論文試験のアウトプットの話です。

論文試験はインプットアウトプットの両方から勉強を進めていかなくてはなりません。

インプットは一応独学が可能ですが予備校の論文講座を受講するのが一般的です。

論文試験に出題された論点、出題が予想される論点を網羅しているテキストを手に入れて勉強しましょう。

一番効率が良いと思います。

 

 

前置きが長くなりましたが自分で購入するものとしては以下のものがいいかと思います。

1、条文集

答練や模試では、本試験と同様に条文集を参照できます。

そのため答練などには自分の条文集を持っていきます。

短答試験で慣れ親しんだ4法対照条文を使いたいでしょうが、本試験の貸与条文と違ったものを使用すると練習になりませんし、書き込みがあると本当の実力を測れません。

そこで以下のものが良いかと思います。

 

 

解答も詳しく記載されており非常に勉強になります。

欲を言うとH14年~のすべての過去問を繰り返しやっておくべきだと思います。

過去の解答は古本等で取りそろえると良いと思います。

 

3、青本

 

弁理士試験をあきらめる人の人数を計算してみた。

こんにちは

 

弁理士試験は難関試験ですので合格する人もいれば、途中で受験をあきらめる人もいます。

私の知り合いにも受験をあきらめた人がたくさんいます。

 

f:id:kisaragiA:20180818143054j:plain

そこで何人の人があきらめるのかを計算してみました。

まず、去年(H29)の弁理士試験の志願者と合格者と不合格者の数は下の表のように報告されています。

f:id:kisaragiA:20180818132754p:plain

 

そして、今年(H30)の志願者数は3967と報告されています。

この中には初受験の志願者763人が含まれています。

 

H29の試験の不合格だった人が全員再志願したとすると

志願者数は

   再志願者+初志願者=4860人になります。

しかし実際の志願者は3967人ですので893人の人が受験をあきらめたことになります。

f:id:kisaragiA:20180818132927p:plain

 

この計算では、例えば去年は志願していないけどおととしは志願した人が

実際の志願者としてカウントされるがH29の試験の不合格だった人が全員再志願したとする場合の志願者数にカウントされません。

このため実際は893人よりも多くの人があきらめたことになります。

 

それでは近年の初受験者とあきらめた人の人数の傾向を調べてみましょう。

 

f:id:kisaragiA:20180818141127p:plain

 

近年は受験をあきらめる人が少なくなっている傾向があるようです。

そして初受験する人とあきらめる人の数がだいたい同じくらいになっています。

志願者数が今後極端に減ることはないのではないでしょうか。

過去には初受験者の数をあきらめる人の数が大きく上回っていた時期があるようです。

H26~H28あたりです。

ちょうど短答試験が難化したころですかね。

弁理士試験の志願者数が大きく減ったのもこの時期です。

 

志願者数は多いほうが受験界は盛り上がると思いますが、合格者数は決まっているので合格率は下がることになります。

「競争率は高いけど、その先に明るい未来があるから頑張って取得したい」と思って多くの人が受験をする試験になるいいなと思います。

 

補償金請求権で不準用な条文の語呂

こんばんはきさらぎです。

 

本日は補償金請求権制度についてです。

 

補償金請求権は重要な条文です。

特許法の問題は大きく①権利化前の問題②権利化後の問題に分けることができますが、補償金請求権は権利化前の問題で出題されることが多く、権利化前にも関わらず、その発明を実施する第三者との関係が問われるため出題する側としても面白いからです。

 

f:id:kisaragiA:20180815225813j:plain

 

 

 

その趣旨は出願公開制度に大きく関係しています。

青本にも次のように書かれています。

出願公開は、特許出願の内容を一般公衆に知らせるものであるから、第三者はその内容を実施することが可能になる。そこで自己の発明を第三者に実施されたことによる出願人の損失を塡補するためにその実施をした者に対する補償金請求権を認めることとした。

 

補償金請求権の効果ですが

その警告後特許権の設定の登録前に業としてその発明を実施した者に対し、その発明が特許発明である 場合にその実施に対し受けるべき金銭の額に相当する額の補償金の支払を請求することができます。

 

ここで特許侵害と大きく異なるのは損害賠償のように、損害の額を請求できるのではなく請求できるのは実施料相当額であることです。

 

補償金請求権においては損害賠償の特例が多く準用されています。

 

短答試験で良く問われるのは、準用されていないものです。

100条が不準用なのは当然として102条、103条、104条の4、105条の3、106条、168条1項2項が不準用です。

 

ここで語呂を紹介したいと思います。

 

兄さん妊娠不準用!

 

にー 10条(損害額の推定等)

さん 10条(過失の推定)

にん 105条の3(相当な損害額の定)

しん 106条(用回復の措置)

 

104条の4は不準用ではあるのですが、104条の4の条文において

特許権若しくは専用実施権の侵害又は第六十五条第一項若しくは第百八十四条の十第一項に規定する補償金の支払の請求に係る訴訟の終局判決が確定した後に

とあるので実際には104条の4の適用があります。

 

168条1項、2項については上記の語呂とは別で覚えましょう。

 

 

以上