短答試験(2018)

短答試験まで1週間をきっていますね。

受験される方は、最後の追い込みをかけているところでしょう。

最初の関門です。

60問300枝というのはなかなか時間的にも厳しかった思い出があります。

しかし中には途中退出する人もいたりして、すごいなと思っていました。

私は確実に正解の枝が分かったときは、その他の枝は基本的に読んでいませんでした笑

時間的に余裕がないと、焦ってしまう性格なので。。。

しかし、結果的に時間が余ればその問題の確認ができるので良い作戦だったと思っています。