弁理士ってどこ?

弁理士試験のテクニック、参考書を紹介するブログです。

語呂について

 

弁理士試験では覚えなくてはならない事がたくさんあります。(すべての資格試験に共通すると思いますが。。。。)

私は暗記が苦手なためとても苦労しました。

特に短答試験は範囲が広く、重箱の隅をつつくような問題も出題されるので論文よりも暗記のウエイトは多いと言えます。

 

個人的には、語呂合わせってとても有効だと思います。

私は最終合格まで5年間かかったのですが、その5年経った今でも語呂は覚えています。

 

つまり何が言いたいかというと語呂で覚えたことは、長期間あたまの中に保存できるのです。

もしも、その年の短答試験に不合格でも、次の年の試験の時に使用できる知識になるのです。(これ経験談です(笑))

 

 

語呂には以下の2種類があります。

1、予備校の先生、受験仲間など他人が、教えてくれる。

 例えば論文で拒絶理由通知に対する対応についての語呂

 「意補分変優放放取(いほぶんへんゆうほうほうどり)」

 意見書、補正書、分割、変更、優先権主張、放棄、放置、取下げ

 は予備校でよく出てきますね。

 弁理士試験ではほとんどの受験生が知っている有名な語呂というのが存在します。

 こういった語呂は知らないと短答試験で大きなディスアドバンテージになってしまいますので常にアンテナは高くしておかなくてなりません。

 

2、自作する。

 合格者は誰でも一つか二つは自分作った語呂合わせがあると思います。

 語呂合わせは嫌いだと言っている人もたくさんいます。これは理解していれば問題は解けるということかと思いますが弁理士試験では理屈では覚えきれないことも多いのです。

 期間なんかはその良い例だと思います。

 

 語呂を作るためには

 条文の覚えられないところをじーと見ながら唱えます。

 頭の文字をつなげあわせたり、要件をつなげて一つの言葉にするとか。

 どんなことを表す語呂なのかが入っていて意味の通じる語呂は100点満点ですね。

 意味なんてなくてもリズムで覚えやすくなっているものもいいと思います。

意補分変優放放取(いほぶんへんゆうほうほうどり)はまさにこのタイプでこのフレーズ自体に意味はなく、リズムよく呪文のように唱えやすいものです。

 

 私は受験時、自作の語呂もいくつか作成しました。

具体的な語呂については随時、紹介していきたいと思います。