弁理士ってどこ?

弁理士試験のテクニック、参考書を紹介するブログです。

意匠法 部分意匠の類否判断の語呂(3条1項)

こんばんは弁理士のきさらぎです。

本日は意匠法の語呂です。

意匠法の論文試験では、審査基準の知識も問われることが多々あります。

特に事例問題で部分意匠の類否判断を行うことは多く、多くの受験生が正確に記載してきますのでばっちり暗記する必要があります。

そこで本日の語呂です。

部分意匠の公知の意匠が類似するか否かの判断の方法について審査基準では以下のように記載されています。

 

部分意匠と公知の意匠とが以下のすべてに該当する場合、両意匠は類似する。
①部分意匠の意匠に係る物品と公知の意匠の意匠に係る物品とが同一又は類似であること
②部分意匠の意匠登録出願の「意匠登録を受けようとする部分」と公知の意匠における「意匠登録を受けようとする部分」に相当する箇所との用途及び機能が同一又は類似であること
③部分意匠の意匠登録出願の「意匠登録を受けようとする部分」と公知の意匠における「意匠登録を受けようとする部分」に相当する箇所との形態が同一又は類似であること
④部分意匠の意匠登録出願の「意匠登録を受けようとする部分」の当該物品全体の形態の中での位置、大きさ、範囲と公知の意匠における「意匠登録を受けようとする部分」に相当する箇所の当該物品全体の形態の中での位置、大きさ、範囲とが同一又は当該意匠の属する分野においてありふれた範囲内のものであること

 

仏教偉大半径

f:id:kisaragiA:20180527231218j:plain

と覚えましょう。

仏   

教   のう、よう

偉大半 置、きさ、

径