商標法 4条1項語呂

こんばんはきさらぎです。

サッカーワールドカップが盛りあがっていますね。

論文を受験されるサッカー好きの方は、さぞかし辛い思いをされていると思います。

 

さて、本日は商標法 4条1項の語呂を2つご紹介します。

 

1、4条1項で他人との関係が規定されているものは何でしょう?

 

他人は遠いふうこ19才

と覚えましょう。

f:id:kisaragiA:20180618234052j:plain

 

他人  他人がでてくる号

は   8号

とお  10号

い   11号

ふう  12号

こ   15号

19才 19号

 

ふうこさんという19才の女性が気になっていた状況で、でも他人なので遠いなぁと

いう状況を思い浮かべてください笑

 

2、4条1項で両時判断がなされるものは何でしょう?

 

はとこ泣く

f:id:kisaragiA:20180618233935j:plain

は  8号

と  10号

こ  15号

な  17号

く  19号

 

はとこが泣いているのを想像しましょう。

ちなみに論文では両時判断は必ず検討しましょう。

例)

乙の商品Xに係る商標イは出願時及び査定時において、需要者の間に広く認識されている他人甲の商品Xに係るロと商品同一、商標類似であるため拒絶理由を有する(4条1項10号、4条3項)。