商標法の除斥期間についての語呂合わせ(商標法47条)

こんばんは弁理士のきさらぎです。

 

本日は商標法の除斥期間についての語呂合わせをご紹介します。

 

商標法では無効理由を有している商標登録であっても除斥期間が適用される場合があります。

無効理由によっては商標権の設定の登録の日から五年を経過した後は無効審判の請求をすることができないのです。

 

除斥期間の適用がある無効理由がすぐに言えますか?

 

さーやっとこれから横綱。坊やなのに

と覚えましょう。

f:id:kisaragiA:20180622005422j:plain

 

さー   3条

や    4条1項8号

っと   4条1項10号※

これから ~

 よ    4条1項14号

こ     4条1項15号※

(づ)

な     4条1項17号※

ぼう    冒認(46条1項4号)

や    8条

なのに  7条の2※

 

※条件あり

 

除斥期間の適用ですが、理屈から引っ張ってくることができます。

考えかたとしては、無効理由には

・公益的無効理由

・私益的無効理由

 

があって公益的に登録を認めるべきでないものについては、除斥を認める必要はありません。公益的無効理由を有する商標登録は何年たっても無効にできます。

一方で私益的無効理由については除斥を認めています。

 

ちなみに除斥の趣旨は一定の期間無効審判の請求がなく平穏に経過したときは、その既存の法律状態を尊重し維持するために無効理由たる瑕疵が治癒したものとしてその理由によっては無効審判の請求を認めないといったものです。

 

以上