平成30年度短答試験 大学別合格率ランキング

 こんにちは弁理士のきさらぎです。

 

本日は平成30年度短答試験 大学別合格率ランキングを調べてみたので公開します。

 

※受験者数が少ないと、正しい傾向をつかめない恐れがあるので、前提条件として受験者が30人以上の大学に絞ってランキングを出しています。

 

 

f:id:kisaragiA:20180624142123j:plain

 

合格率が一位だったのは京都大学でした。

驚異の34.9%ということで3人に1人以上合格したことになります。

1位から12位が全体の平均20.1%を上回りその他の大学は全体平均を下回った結果でした。

全体的に国立大学が強いです。

そのあとに有名私立大学が続く感じです。

私立の中ですごく健闘しているのが日本大学です。

 

短答の合格率も最終合格率と同じで結構ばらけている印象です。

どこかの大学がとっても受かりやすいということはないようです。

 

弁理士試験の場合、受験生の大半が仕事をしているので仕事の忙しさが大きく影響しているからだと思います。

すごく勉強の得意な人でも、忙しい会社で毎日終電まで働いている場合も考えられますし。