弁理士ってどこ?

弁理士試験のテクニック、参考書を紹介するブログです。

不利益行為について

こんばんは本日は不利益行為について

 

不利益行為は以外にも短答、論文、口述で出題されています。

 

特許法の条文を1条から読んでいくと序盤9条ででてきます。

 

代理人は、特別に「この行為をやってもいいよ」と了解を得なくては、ここで規定される行為をできないことを定めています。

 

第九条 

日本国内に住所又は居所(法人にあつては、営業所)を有する者であつて手続をするものの委任による代理人は、特別の授権を得なければ、

①特許出願の変更、放棄若しくは取下げ、

特許権の存続期間の延長登録の出願の取下げ、

③請求、申請若しくは申立ての取下げ、

④第四十一条第一項の優先権の主張若しくはその取下げ、

⑤第四十六条の二第一項の規定による実用新案登録に基づく特許出願、

⓺出願公開の請求、

⑦拒絶査定不服審判の請求、

特許権の放棄

又は

⑨復代理人の選任

 

をすることができない。

 

これらについては受験生時代から良い語呂が思いつかなかったです。

 

しかし不利益行為と言われるからには、それをやられると問題があるのでそれぞれどんな問題があるかを考えるようにしていました。

f:id:kisaragiA:20180710005002j:plain

 

 

例えば、放棄や取下げは当然勝手にやられると不利益があります。

特許出願の変更や41条第1項の優先権主張は、取下げ擬制がありますので不利益があります。

ポイントとして分割出願は不利益行為ではありません。これは取下げ擬制がないからです。

出願公開の請求も、まだ公開しなくても良い発明を公開される不利益があります。

ここで⑦の拒絶査定不服審判については不利益はないように思えてならなかったのですが、以下のように考えるようにしていました。

例えば出願手続きがメインで拒絶査定不服審判があまり得意でない代理人が勝手に拒絶査定不服審判を請求したら不利益が生じるから

 

 

またちょっと似た条文が14条にあります。


第十四条

二人以上が共同して手続をしたときは、

①特許出願の変更、放棄及び取下げ、

特許権の存続期間の延長登録の出願の取下げ、

③請求、申請又は申立ての取下げ、

④第四十一条第一項の優先権の主張及びその取下げ、

⓺出願公開の請求

並びに

⑦拒絶査定不服審判の請求

 

以外の手続については、各人が全員を代表するものとする。ただし、代表者を定めて特許庁に届け出たときは、この限りでない。

 

列挙されている行為は9条と似ていますが9条の行為から

⑤第四十六条の二第一項の規定による実用新案登録に基づく特許出願、

特許権の放棄

⑨復代理人の選任

 

が差し引かれています。

 

⑤⑧は 権利化後の話ですのでここでは規定されていません。

⑨がないのは、14条は代理人についてではなくて二人以上が共同して手続をしたときの話だからでしょう。