弁理士ってどこ?

弁理士試験のテクニック、参考書を紹介するブログです。

特許権等の移転について

こんにちはきさらぎです。

昨日と今日は司法試験予備試験の論文試験の試験日です。

あこがれはしますがここへの一歩はなかなか踏み出せません笑

 

さて本日は特許権等の移転について

特許権の移転において

放火異常(放下移上)

という有名な語呂があります。

 

(上)特許権>専用実施権>通常実施権(下)

 

(1)特許権者が特許権を放棄するときは専用実施権者と通常実施権者の承諾が必要です。

放(棄)は下の許可が必要ということですね。

一方で特許権者が特許権を移転するときは専用実施権者と通常実施権者の承諾は不要です。

移(転)上だからです。

 

f:id:kisaragiA:20180716122558j:plain

(2専用実施権者が専用実施権を放棄するときは

放(棄)下で下に通常実施権者がいれば通常実施権者の承諾が必要です。

専用実施権者が専用実施権を移転するときは

移(転)上で、上の特許権者の承諾が必要です。

 

(3)通常実施権者が通常実施権を放棄するときは

放(棄)下で下がいないので誰の承諾も必要ありません。

通常実施権者が通常実施権を移転するときは

移(転)上で、上の特許権者(専用実施権者がいるときは専用実施権者も)の承諾が必要です。

 

基本的には特許権が放棄されてしまうと、だれでもその発明を実施できてしまうからその下にいる人たちは不利益を受けます。

しかし移転されても第三者がその発明を実施できる訳ではないので不利益はないからです。

通常実施権が放棄されても、特許権者はその発明をできる人が1人減っただけで特に不利益はありません。

しかし移転されてしまうといかのような不利益があります。

例えば、特許権者が小さな会社でやっとの思いで大きな発明をし下請け会社に通常実施権を許諾し、その通常実施権者(下請け会社)が通常実施権を特許権者よりも1000倍くらい大きな会社に移転してしまった場合。

特許権者がその発明に係る製品を販売するよりも

その大きな会社がその発明に係る製品を販売したほうが価格や技術力的に優れる可能性は高く特許権は有名無実なものとなってしまいます。

 

そしてもう一点

質権者はどうなるのかが気になります。

f:id:kisaragiA:20180716122753j:plain

 

(上)特許権特許権の質権者>専用実施権>専用実施権の質権者>通常実施権>通常実施権者の質権者(下)

 

つまり特許権者が特許権を放棄するときは下の承諾が必要ですから質権者の承諾が必要です。

 

これは語呂がどうこうというよりは、質権を設定している以上人の権利なので勝手に放棄してしまうと問題だからですね。

一方、特許権がAさんからBさんに移転されても、質権者の質権はBさんとの間で有効ですので問題はありません。