弁理士ってどこ?

弁理士試験のテクニック、参考書を紹介するブログです。

パリ条約4条Cの語呂について

こんばんはきさらぎです。

 

本日はパリ条約について

パリ条約は知的財産に関する国際条約です。

法律は日本国内の決まりですがパリ条約は国際条約なので、加盟国(世界中)の中の決まりです。

 

パリ条約には特に大切な決まりが3つあります。

①内国民主義

②優先権制度

③特許独立の原則

 

そして本日は優先権制度を規定した4条のなかから、短答試験で頻出の4条Cについて語呂を紹介したいと思います。

 

パリ条約4条C

(1) A(1)に規定する優先期間は,特許及び実用新案については12箇月,意匠及び商標については6箇月とする。
(2) 優先期間は,最初の出願の日から開始する。出願の日は,期間に算入しない。
(3) 優先期間は,その末日が保護の請求される国において法定の休日又は所轄庁が出願を受理するために開いていない日に当たるときは,その日の後の最初の就業日まで延長される。(4) (2)にいう最初の出願と同一の対象について同一の同盟国においてされた後の出願は,先の出願が,公衆の閲覧に付されないで,かつ,いかなる権利をも存続させないで,後の出願の日までに取り下げられ,放棄され又は拒絶の処分を受けたこと,及びその先の出願がまだ優先権の主張の基礎とされていないことを条件として,最初の出願とみなされ,その出願の日は,優先期間の初日とされる。この場合において,先の出願は,優先権の主張の基礎とすることができない。

 

まず、(1)は優先期間について規定しているだけですのでわからない部分はないと思います。

そして(2)は最初の出願日から優先期間が開始すると規定しており、これもわかるかと思います。

(3)の後段については始めて見た人はなんのことをいっているのかわからないと思います。

 

f:id:kisaragiA:20180801011419j:plain

これは

(2)で規定されているように原則、優先権期間は最初の出願の日から発生します。

(つまり最初の出願をしたら急いで優先期間内に優先権を主張して他の同盟国にも出願しなくてはなりません。)

ただし例外として、最初の出願と同じ対象について同じ国にもう一度出願(後の出願)をした場合であって、一定の条件を満たしたら、最初の出願ではなくて後の出願から優先権期間が開始するということを規定しています。

 

そして、この条件には有名な語呂があります。

 

どうどうえっけんさげききょゆう

どう 一の対象

どう 一の同盟国

えつ (先の出願が公衆の覧に付されていない

けん (先の出願がいかなる利をも存続させない

さげ ((先の出願が後の出願の日までに)取り下げられ

   またはされ

きょ または絶の処分を受けたこと

ゆう 先権の主張の基礎とされていない

 

どうどうえっけんさげききょゆう という言葉自体には意味はないのですが、リズムが良いので呪文のように唱えていればすぐに覚えられると思います。