弁理士ってどこ?

弁理士試験のテクニック、参考書を紹介するブログです。

弁理士試験を受けていることを会社に伝えるべきか?

本日は弁理士試験を受けていることを会社に伝えるべきか?

について考えていきたいと思います。

 

私自身、受験時代に非常に悩んだ問題です。

結局合格まで会社関係者には誰にも言わなかったです。

 

 

さて弁理士試験の受験者はほとんどが会社員です。

平成30年の志願者統計でみても

1位 会社員    50.3%

2位 特許事務所  23.8%

3位 無職     10.7%

となっていて受験者の半数以上が会社員です。

 

会社員にとって問題になるのが、弁理士試験を受験していることを上司や同僚に伝えるか否かです。

私の意見として人によって状況が違うので一概には言えないのですが結論から言うと、伝えるべきではないと思います。

 

その理由について、伝えた場合のメリットとデメリットをそれぞれ挙げながら考えていきたいと思います。

 

・メリット

(1)気持ちが楽

何事も隠し事をすることは、心が痛みます。こそこそするのは気持ちが良いものではありません。試験を受けていると周りに伝えることで隠す必要がなくなります。

 

(2)飲み会などは断りやすい

f:id:kisaragiA:20181222181604j:plain

 

試験を受けていることを周りに伝えていれば、先輩や上司も気を使って飲みに誘ってこないでしょう。これは特に試験の直前期には大きなメリットになると思います。

 

・デメリット

(1)転職を疑われる(可能性がある)

f:id:kisaragiA:20181222181800j:plain

最近は会社員で弁理士の資格を持っている人もたくさんいて、弁理士としての法律的な知識を仕事に役立てていると思います。

しかし、やはり弁理士は事務所に勤めて明細書を作る仕事と思っている人も多いと思います。また現に私の同期でも多くの人が大手企業に勤めていたのに合格後事務所に転職しています。

合格したら転職するの?なんて質問をされるかもしれませんし、研修や昇格試験などはやめそうな人よりも長く勤めてくれそうな人を優先的に受けさせるという考えの上司もいると思います。

この問題の一番厄介なところは、不利な扱いを受けたときに、このことが原因かどうかわからないことです。

 

(2)後輩に慕われなくなる(可能性がある)

上の転職を疑われた場合の二次的なデメリットです。

転職が盛んにおこなわれる業界ではこのリスクは少ないと思いますが、メーカーなどの終身雇用タイプの企業ではあり得ます。

どんな先輩につくかはその後のサラリーマン人生に大きな影響を及ぼします。特に開発などのチームで仕事する業務ではチーム間でも競争があったりして自分のチームの先輩をサポートしてチームとしての成果を上げていきその先輩が出世した時には自分も上にあげもらうという構図がどうしてもあると思います。

せっかく先輩の仕事をサポートしてきたのにその先輩が弁理士に転職して辞められてしまったら守ってくれる先輩がいなくなってしまい会社での立場が危うくなります。

やめるとかいっている先輩につきたい後輩なんていないと思います。後輩が陰で上司に先輩を変えてほしいなんて相談をするかもしれません。

ただ、これについては人間と人間なのでよい人間関係が気づけていれば、受かっても辞めるつもりはないということ示すことは可能だと思います。

 

(3)合否を聞かれる

f:id:kisaragiA:20181222181907j:plain

試験が終わって合格発表があった後は、結果どうだった?と聞かれたり、もしくは聞かないように気を使っている空気がひしひしと伝わってくる場合もあると思います。

またあまりにも何年も受からないと会社の人に陰で噂される可能性もあります。

 

以上のようにわずかながらメリットもありますが、デメリットのほうが多いと私は思います。特に上にも書きましたが弁理試験を受けていることによって不利な扱いを受けたのではないかともやもや考えることが一番デメリットだと思います。