弁理士ってどこ?

弁理士試験のテクニック、参考書を紹介するブログです。

サラリーマンの定期昇給と弁理士の給料

1、サラリーマンの昇給

 多くの企業ではもうすぐ新年度を迎えます。

 サラリーマンにとって、4月は異動、昇格などであわただしい始まりとなります。

 そして1年間の頑張りの見返りとして昇給があります。

 日本経済団体連合会 等が今年1月に発表した「昇給・ベースアップ実施状況調査」では2018年の昇給・ベースアップ額は7022円 だったとのことです。

 これをみてもサラリーマンが如何に地道な職業かわかります。

 例えば22歳、初任給22万で入社し、10年働いて32歳の時の給料は29万円、40歳で35.6万円ということになります。これに残業代が追加されることになります。

 ボーナスが2か月分×年2回貰える会社において、年収を考えると、

22歳で352万円+残業代

32歳で464万円+残業代

40歳で570万円+残業代

f:id:kisaragiA:20190316115143j:plain

 しかも7022円というのはわりと景気の良い現在の水準で、過去には5000円くらいの年もありました。

 もちろん管理職になればまた違う上がり方をします。

 基本的には、サラリーマンの年収は次の年に下がることがないというのが特徴です。

 

2、事務所勤務の弁理士の昇給

 私は事務所に勤めたことがないのでわかりませんが、事務所勤務の友人などに話を聞いていると転職初年度はサラリーマンをやっていた時代の年収と同額を保証してくれる事務所が多いみたいです。

 

 そしてその後は定期昇給という形で勤続年数で足並みを揃えて上がっていくのではなく、基本的に実績で決まってくるようです。仕事ができないと給料が下がることも珍しくはないそうです。

 逆に仕事をこなすことができると、サラリーマンでは考えられないくらい給料が増えることもあるようです。 サラリーマンはどんなに結果を出しても、昇格なしで次の年に給料が100万円上がるなんてことはありえないのである意味うらやましいです。

 

 

 

 

3、企業と事務所どちらがいいのか?

 仕事のやりがいは重要ですがいったん置いておいて、給料だけで考えた場合どっちが良いのかは私も教えてほしいくらいです。

 自分に明細書を書く能力があるかないかなんて普通に生活していたらわかりませんので、給料がどれくらいになるのか予測できませんしね。

ただ自分が若かったら、事務所はありだと思います。若くして大金を手にできる可能性がありますからね。